ウーマン

悩みは隠せる!コンシーラーといったコスメは貴女の味方です

ニキビの跡が残った時

肌の手入れ

ニキビ跡があると、赤みが目立つので気になると思います。ニキビ跡の赤みの原因は主に、毛細血管の拡張にあります。毛穴が詰まるとニキビが出来て、炎症を引き起こします。その炎症を治癒しようと、毛細血管が集まって赤くなるのです。ニキビ跡の赤みは2段階あり、炎症が酷い場合は過剰に反応してしまうので、赤紫に見える事があります。ニキビ跡の赤みを改善する方法として、生活習慣の改善や普段のお手入れ方法の改善があります。普段のお手入れとは、洗顔や化粧水などが挙げられます。化粧水を選ぶ際に気をつける事は、美白化粧水やピーリング化粧水などでも、必要以上につけるとニキビ跡には良くありません。かえってお肌のトラブルになり、赤みが増します。肌のお手入れ方法や、化粧水の成分なども見直す事も大切です。化粧水の場合、ニキビ跡の改善だけでなく、自分に合っているのか確認する必要があります。

ニキビ跡の赤みを改善するには、化粧水の成分も気をつけて下さい。効果的な成分として、ビタミンC誘導体などがあります。これは美白化粧水に配合されている場合が多く、ニキビ跡を薄くする効果があります。ビタミンC誘導体などの美白効果と、ヒアルロン酸などの保湿を兼ね備える事で、少しずつ赤みを改善させる事が出来ます。また、ニキビ跡専用の化粧品はターンオーバーを整えるので、赤みを自然に治癒し、きめ細かな肌を取り戻す事が出来ます。化粧水などはつけすぎるとお肌トラブルの原因にもなりますので、毎日適量でしっかりとケアをする事が大切です。また、洗顔の後は化粧水だけでなく、美容液や乳液をつけてしっかり保湿も行いましょう。